【マラソンシューズ】多くの人が間違えて選んでいる!!?正しい選び方とおすすめメーカー

マラソンのトレーニングシューズを選ぶのは非常に重要です!

自分に合うシューズの見分け方とは?
メーカー別で特徴があるので失敗しない選び方とは?

あなたのランニングスタイルに合わせた、
おすすめ情報をお伝えできればと思います。
初心者の方も経験者の方も、

そのシューズで正解?

という悩みを解決いたします!

マラソン シューズ おすすめ

スポンサードリンク


正しいシューズの選び方

大抵の人はシューズ選びの時に、
デザインや、機能性を重視して選びがちです。

確かにそれも大切ですが、
それよりも大切なことをご紹介します。

目的に応じたシューズ選び

レース用・練習用
など、目的によって選び方が変わってきます。

ランニングシューズは人によって好し悪しがあるので、
慎重に選びましょう!

ダメな例:
長距離を走るから重いシューズより軽量シューズがいいだろう!

「初心者=軽量シューズ」など、機能に優れたシューズを選ぶと、
ランニング慣れしていない人にはまったくもって意味がありません。
むしろ、ケガをする恐れがあります。

いい例:
どんなランニングシューズが自分に合うかわからないから、お店の人に聞こう!

人の足にはそれぞれ特徴があります。
その特徴別でシューズを選ぶのが最も良い、シューズの選び方です!
事前に自分の足の特徴を知っているとお店の人にも相談しやすくなります。

自分の足の特徴を知る

足には大きく分けて、二つのタイプがあります。

  • ニュートラルタイプ
  • サポートタイプ

です。

特徴は以下の通りです。

マラソン シューズ おすすめ
出典:http://www.mizuno.jp/running/contents/knowledge/index.html

アーチ=土踏まず

自分の足に特徴があるように、シューズにも特徴があります。

シューズの特徴を知る

上記のタイプ別のおすすめシューズの機能です。

ニュートラルタイプ

クッション性の高いシューズ

サポートタイプ

安定性の高いシューズ

 

この機能を中心とした靴を選ぶのが正しいシューズの選び方です!

もっと詳しく知りたい方は≪ミズノランニングが教えるシューズのこと≫をご覧ください!

メーカー別シューズの特徴

メーカー別のシューズの特徴を見ていきましょう!

アシックス(asics)

硬いソール

ソールとは靴底のことです。

このソールのおかげで、蹴りだしの際に生み出される反発力を地面に伝え、
負担をかけずに、前に進みだせるようにサポートしてくれます。

クッション素材

アシックスはこのクッション素材が特に優れています!
着地時の衝撃を吸収してくれます。

ミズノ(MIZUNO)

 クッションシステム

高価格なモデルになると、2枚以上のクッションプレート(インソール)を
結合させているので、着地時の衝撃吸収と安定感があります。

通気性

長時間走っていると靴の中に熱気がこもり、汗をかき、
靴下と靴底に摩擦が生じることもあるのですが、
ミズノのシューズは熱気を外に逃がすので、快適に走ることができます。

スポンサードリンク


ナイキ(NIKE)

スリムな足幅

足幅が広い人には窮屈に感じるかもしれませんが、
足へのフィット感を追求したつくりになっています。

ワンサイズ上のものであれば窮屈に感じないという意見もあります。

高性能すぎるクッション

足への負担を抑えたクッションを取り入れているので、足裏の衝撃などは防げますが、
クッション性が高すぎるため、膝への負担が逆にかかることもあります。

オン(on)

革命的な技術

言葉で説明するより、動画を見てください。

 

左の動画を見ると、地面と接触した際、ふくらはぎに衝撃が伝わりかなあり揺れていますが、
右の動画はその衝撃をかなり軽減されています。

これにより、筋肉をサポートし、長時間のランニングが実現できます。

アディダス

軽量

ソールも薄く、通気性もいいので、履いていてストレスを感じないシューズ。

細めの足幅

デザイン性もすごく高く、気分も乗れるようなシューズが多いですが、
気持ち足幅が狭いと感じる方もおられるみたいなので、
試し履きは必ずするようにしてください!

スポンサードリンク


さいごに

いかがでしたでしょうか?
ランニングシューズは、

目的を決め足の特徴を知り特性の機能を持ったシューズを選ぶ

ということが大事だということが分かりましたでしょうか。

今回ご紹介させていただいたスポーツブランドはごく一部ですが、
まだまだいいシューズはたくさんあるので、
是非、店舗に足を運んでみてください!

コメントを残す