【2017東京マラソン】抽選率を大幅に上げる方法とは!?エントリー方法からコース紹介まで

2017年東京マラソンに参加したいのであれば、
エントリーはいつから?参加費は?コースは?

2016年の東京マラソンの倍率は11.3倍
おそらく2017年は、より倍率が上がるはずです!

「当選するにはどうしたらいいの?」
「なにか裏技はあるの?」

と思っているあなた!
コチラではその情報がすべて手に入ります!

それでは、
エントリーの日程から見ていきましょう!

マラソン 東京 2017 エントリー

スポンサードリンク


大会日程

2017年の大会日程の詳細はまだ出ていませんが、
過去の大会から見て、大体の予想はつけることができます!
正しい情報がでたら、すぐに更新します。

開催日時: 2017年2月19日(日) or 26日(日)
エントリー: 2016年8月1日(月)~8月31日(水)まで

  • 当選発表
    2016年9月下旬
  • 参加費の入金締め切り (2016年は10,800円)
    2016年10月中旬
  • 参加費案内の送付
    2017年1月下旬ごろ
  • 選手受付
    大会開催日の3日前から、東京ビックサイトで行われる予定

予想コース

マラソン 東京 コース エントリー
出典:http://www.marathon.tokyo/info/course/

例年の統計からみての予想でありますので、確実ではございませんが、
このような日程で行われると思われます。

大会までの流れです。

エントリー ⇒  当選発表 ⇒ 入金 ⇒ 選手受付 ⇒ 完了

という流れですが、期限や注意事項がありますので、
しっかりとチェックしておきましょう!

注意事項

入金や選手受付などの期限案内は大会本部からメールが送られてくるので、
それに従ってください!

また、東京マラソンはエントリー制です。
先着順ではなく、定員オーバーになると抽選になるので、
早くにエントリーしたから当選する!
というわけではございません。

ただ、すこしでも当選しやすくする方法がございます。
その説明は下記で説明いたします。

年齢制限

案外知られていませんが、東京マラソンには年齢制限があります!
大会当日に満19歳以上の方でなければ参加できません。

時間制限

6時間40分以内にフルマラソンを完走できる者。

当選確率を上げるには???

東京マラソンには一般エントリー先行エントリーがあります。

一般エントリーは冒頭でお伝えしたように倍率が11.3倍もあるので、
なかなか当選しません。
先行エントリーであれば、まだ一般エントリーよりも倍率が低いです。

では、少しでも当選率を上げる方法を2つ紹介いたします。

スポンサードリンク


1.チャリティーランナー(募集人数3,000人)

東京マラソンでは「Run with Heart」というチャリティー活動を行っております。

この活動に賛同した上で、
自身で寄付(10万円以上)をすることで、
 先着ランナーとして走ることができる。
または、寄付を周囲に呼びかけ、10万円以上集めることができた人も、
 先着ランナーとして走ることができる。

※こちらは7月1日から募集が始まり、先着3,000人までです。

資金は必要になりますが、絶対に走りたい!
と思っている方はこの方法がいいと思います。

こちらで集められて資金は、社会貢献に役立てられるので、
ボランティア精神のある方にはうってつけです!

2.「One Tokyo」プレミアムメンバー

年会費4,320円を支払い、東京マラソン公式の
「One Tokyo」のプレミアムメンバーになることで、優先エントリーといって、
抽選で3,000人が東京マラソンに出場できる。

※エントリー期限は7月1日~7月31日まで

スポンサードリンク


東京マラソンは年々倍率が高くなってきていますが、
上記の方法はまだ有効的です。

資金面の問題さえなければ、上記の先行エントリーにした方が、
当選確率は高いはずです!

人生で一度は「東京マラソン」を走りたいと思っている方にはおすすめします!

コメントを残す