【南海トラフ最新地震予知《ひずみ》がヤバイ!!?】鷺谷(さぎや)木村早川村井の見解は?

今回は、

地震予知 最新 鷺谷威(さぎやたけし) 木村 早川 村井 南海トラフ 震源 ひずみ

について調べてみました。

地震予知 最新 鷺谷(さぎや)威(たけし) 木村 早川 村井 南海トラフ 震源 ひずみ

南海トラフ地震の震源域が「海上保安庁」の調査で確認されたようです。
地震を発生させる【ひずみ】がたまっているといいますが、
詳しい最新の情報と共に、

地震予知・予測者の【鷺谷(さぎや)威(たけし)・村井・木村・早川】氏たちの
最新情報もまとめていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

~~~~~~~~~~~~~

ワンピース休載確定のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~

 

南海トラフ地震の震源域「ひずみ」とは?

地震予知 最新 鷺谷(さぎや)威(たけし) 木村 早川 村井 南海トラフ 震源 ひずみ出典:http://mainichi.jp/

簡単に説明いたしますと、南海トラフ地震を引き起こす、
海側プレートが陸側に入り込んで蓄積された【ひずみ】の
分布図を海上保安庁が作った。

海底の観測器による実測値を初めて使った図であり、
想定以上の大きなひずみも確認されたといいます。

この【ひずみ】が解放された時、
巨大地震が起きると考えられており、
海上保安庁は、
「将来懸念される巨大地震にむけ、より詳しい被害予測や観測体制の充実に役立つ」
としているようです。

2006年から2015年の10年間のデータを分析した結果、
遠州灘や紀伊半島沖、愛知県沖や四国の南方沖などに、
年間5センチ程度の「ひずみ
を蓄積する【強ひずみ域】があることがわかった。

この結果に対し、名古屋大学の鷺谷(さぎや)威(たけし)教授(地殻変動学)は
「陸からの分析ではわからなかった部分をあきらかにした意義は大きい。
今後の地震への卑怯や被害想定について研究を進める必要がある」
と話しています。

 

スポンサードリンク


 

木村氏・早川氏・村井氏の最新地震情報

地震予測をされている教授たちの最新情報です。

木村氏の情報によりますと、
「日本列島断層」と巨大地震が大きな関係があるのでは?
と話しています。

地震予知 最新 鷺谷(さぎや)威(たけし) 木村 早川 村井 南海トラフ 震源 ひずみ出典:http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/

次におきるであろう地震のの予測では、
赤矢印の方向での大地震を予測しています。
黄色の矢印は太平王プレートの移動方向で、
黒い点線は震源域の予測になります。

 

スポンサードリンク


 

現在確認できる最新情報は木村氏だけでした。
早川氏・村井氏の最新情報はメルマガなどで確認できますが、
コチラの情報は第三者に公表することができないので、
大変申し訳ございませんが、ご自身でメルマガの登録をお願いいたします。

早川教授⇒【地震解析ラボ】

村井教授⇒【週刊MEGA地震予測】

 

以上、

地震予知 最新 鷺谷威(さぎやたけし) 木村 早川 村井 南海トラフ 震源 ひずみ

について書かせていただきました。

 

 

 

コメントを残す