【熊本地震】今後警戒される南海トラフとの関係がヤバイ!?専門家の予測がこわすぎる

今回は 熊本地震 今後 南海トラフ 関係 予測 について書かせていただきます。

熊本地震 今後 南海トラフ 関係 予測

熊本地震が4月14日に起きてから、
まだ余震が続いている状況です。
九州近辺だけでなく、各地で地震が起きていることも気になりますが、

今後熊本地震の影響で、地震は起こるのか?
南海トラフ」との関係はあるのか?
専門家の予測も交え、紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

 

熊本地震は今後の大きな地震のきっかけ?

14日にM6.5を記録し、
16日にM7.3を記録しました。

本震は16日ということだったのですが、
16日の地震ではなんと「千葉県」まで地震の影響がありました。

faaf出典:http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11022.html

なぜ熊本の震源で、千葉まで影響があるのか?
それには理由がありました。

中央構造線断層帯とは?

熊本地震 南海トラフ 今後 震源移動 最新出典:http://i.imgur.com/8TAJVod.jpg

九州から千葉県まで伸びている赤い線。
これが「中央構造線断層帯」です。

お気づきの方もおられると思いますが、
この断層がつながっているからこそ、
熊本県で地震が起きたにもかかわらず、
千葉にも地震が観測されたのです。

中央構造線と南海トラフの関係は?専門家の見解は?

熊本地震 今後 南海トラフ 関係 予測出典:http://blog.livedoor.jp/kimito39/archives/47366838.html

図の通り、断層は直接つながっていませんが、
並列関係にあるので、他の地震の誘発につながるかもしれないと、
専門家は言っています。

琉球大学の木村教授は、
日向灘沖の地震に警戒しており、最近では地震の活動がないことが、
今回の地震を引き起こしたと述べています。

 

スポンサードリンク


 

また、日向灘沖南海トラフの西端にあるので、相当なエネルギーをためている可能性があるので、警戒しておいたほうがいいとも述べています。

過去に南海トラフは、複数の地震が連動して起きています。
このまま地震が続き、大きな地震を引き起こすかもしれません。

後ででは遅いので、
しっかり防災準備をしておいたほうがいいですね。

最低限の防災対策

避難経路の確保

家で地震が起きたときの避難ルートを確認しておきましょう。

避難場所の確認

地域にある避難所の確認と家族と離れた場合、
どこで待ち合わせるかの確認をしておきましょう。

防災グッズ

ホームセンターなどでセットで売っているので、
持っていて損はありません。

食料

最低でも1週間は食べれるものの確保をしておくこと。
防災グッズの中身をしっかり確認し、補充などしておきましょう。

携帯電話

情報は命です。
家族との連絡や友達、恋人などの確認もとれ、
安心できるツールになるので、充電バッテリーも持っておくとよいでしょう。

 

スポンサードリンク


 

いつ起きるかわからない地震ですので、
明日準備しようじゃ遅いかもしれません。

思い立ったらすぐに行動するよう心がけましょう。

以上、
熊本地震 今後 南海トラフ 関係 予測
について書かせてただきました。

 

コメントを残す