【アニメ北斗の拳】の知られざる都市伝説が本当に伝説すぎる!!ヒットに隠された真実とは?

 

当時爆発的な人気を誇っていた「北斗の拳」。
アニメ、漫画共に大ヒットしていた。

今もコスプレイヤーなどからの支持も絶えぬまま、
人気を集めている。

そんな「北斗の拳」の都市伝説
調べてみたら面白い面白い!

これは皆さんにも是非見ていただきたいので、
都市伝説&豆知識
最新情報をご紹介させていただきます!

都市伝説 アニメ 漫画 最新 北斗の拳

出典:http://s.mxtv.jp/hokuto_no_ken/episode.php

スポンサードリンク


ケンシロウの好物は・・・

  • わたがし
  • リンゴ
  • ビーフカレー

だという!笑

「世紀末なので、食べ物の好き嫌いは言ってられない」
とプロフィールにあったが、TV番組「トリビアの泉」での
原作者インタビューでこの事実が判明した。

世紀末にわたがしなんて作ることができるのだろうか・・・笑
原作の描写でも一度も見たことがないかもしれないのに・・・

北斗の拳の生みの親は別に居た!!?

原作者、武論尊、原哲夫だと思われていた北斗の拳。
では誰が原作を?

それは意外な人物、なんと元編集長だった、
堀江信彦氏」というのだ。

きっかけは、堀江氏がある日古本屋に立ち寄り、
「一冊の本」に興味をひかれたという。
その本は、中国医学の背板に関するもので、
人体のツボにまつわる話が書き並べられていたという。

その本の中で、「間違ったツボを押すとかえって体を傷つける」という内容も書かれていた。
このことをヒントに、堀江氏が当時新人であった原哲夫に描かせようとしたのが始まりだった。

編集長のアイデアとそれを具現化できた漫画家があってこそ生まれた名作、
北斗の拳」の都市伝説。本当ならすごいわくわくしますね。

スポンサードリンク


ストーリーはその場しのぎで考えていた?

相手の「ツボを押して倒す」という大まかな設定が決まったはいいものの、
肝心のストーリーはなかなか思いつかなかったとか・・・

確かに、ツボを突いて倒す新しい相手の倒し方に加え、
どのようなストーリをつなげればいいのか悩むのも無理はないでしょう。

原作者の武論尊さんは後に、こう語っている。

週刊連載だから、その場しのぎでやっていた

話が決まっていないからこそ、読者も続きが気になって、
だから人気作品になった。

なんとも行き当たりばったりな性格!笑
大好きです!!!

そのほうが臨場感や、次回の期待が高まるのを、
本能的にわかっていたのでしょうか。

だからこんなに面白い作品が生まれたんですね!

 

▼▽▼▽▼▽▼▽

【アニメ・ドラマ・映画が無料で見放題!】

▲△▲△▲△▲△

 

 

七つの傷はファッション?

行き当たりばったりなストーリー展開をしていた北斗の拳。
なんと、あのチャームポイントの胸の傷も設定を考えていなかったという!

はじめはファッションとして七つの傷をつけていたらしいが、
後付けであのような設定でついた傷としてつなげたらしい!笑

時代が時代ならたたかれるかも知れないが、
これこそが魅力の一つであったのでしょう!

スポンサードリンク


名作にはなにかしら面白いエピソードなどがついて回りますが、
これほどまでに面白いエピソードがあるとは・・・

以上、北斗の拳の都市伝説&豆知識でした!

 

《関連記事》

その雲、地震雲かも!

 

コメントを残す