都市伝説【人間(人類)選別はもう始まっている!?】SNSをやっているあなたは危険?

都市伝説-人類-人間-怖い-選別

都市伝説!!人間選別?!2018年から始まる?!

今ちまたで2018年から本格的な人間選別が始まるという都市伝説が話題のようですね。

いったい何のために人間選別が行われるのでしょうか。

  • CIAによる心理操作計画!?
  • Facebook、インスタグラム、ツイッター...SNSは危険!?
  • 知らない間に監視・管理され情報によってコントロールされている?
  • 人工知能による人間選別?Siriを越える人工知能ViVとは?

これらについて調べてみましたので、人類選別の都市伝説をご覧ください!
あなたはどこに選別される!?

 

 

スポンサードリンク


CIAによる心理操作計画とは!?

CIAは第二次世界大戦後から「MKウルトラ計画」という心理操作に関する計画をひそかに進めていたようです。

MKウルトラ計画」とはCIAによって行われた洗脳実験の通称のことで、その実験が行われていたのがダヴィストック研究所であり、そこに資金援助していたのがロックフェラー財団であったと言われています。

1960年代に「MKウルトラ計画」は終わったとされていますが、ミスター都市伝説の関暁夫氏はCIAとロックフェラー財団によるマインドコントロールの研究は現在も行われており、そして近年、究極の心理兵器が完成したとか...!それがFacebookだというのです!

 

 

Facebookは危険!?

Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏は、「Facebookは、これまで作られたものの中で、最も強力な大衆操作ツールだ」と語っていて、またさらにCIA長官補佐であるクリストファー・サーティンスキー氏は、「マインドコントロールを密かに実行することで、大衆は自らネット上にメールや写真、電話番号などの個人情報を提供する、Facebookこそ我々がネットを開発した目的であり、このシステムにより、全世界の個人情報収集が可能となる」と語っていて、FacebookとCIAが世界中の人間の生活を監視しているのではないかと言われているそうです。

そしてFacebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏は実は本名ではなく、本名はジェイコブ・グリーンバーグという名前で、デイヴィッド・ロックフェラー氏の孫ではないかと、アメリカではささやかれ始めているようです。

またFacebookの個人情報が青森県にあるとされるCIAの通信傍受施設エシュロンに集められ、アメリカに送られていると言われているそうです。

自分はFacebookなんてしてないから大丈夫!と思う方もいるでしょうが、自分がやっていなくても家族や友人がやっていてその携帯の中にあなたの電話番号、メール、写真が入っているだけでシャドープロファイルと呼ばれる物によって情報を全て抜き取られているそうなのです!Facebook恐るべし!

 

スポンサードリンク


Siriを越える人工知能ViVとは?

2016年5月にSiriの次世代音声認識AIとなるViVが発表されました。

Siriはweb上の情報を提供するだけだったのに対しViVは他のアプリと連動して行動まで起こしてくれるというものです。

Siriが社会に入り込みViVへと進化してきたことで便利な反面、超監視社会になっていく危険性もあるみたいです。

次第に持ち主の行動を予測しそこで発生するのが予測タイホと言われています。人々の生活やSNSでの発言を監視し思想や行動パターンを管理するようになり、危険人物を予測したいほするという流れみたいです。

そう、人工知能による人間選別が始まるのだと言われています。そして何千人もの選別した人間を一カ所に集めて一挙に消すのではないかと...。その人間選別が本格的に始まるのが2018年だとか!

そして悪のいない世界という建前で作られる管理社会が出来上がり、人間はマイクロチップを埋め込まれてIDで管理されランク付けされるようになり、いずれそのマイクロチップは人工知能を搭載し、人間の脳内へと入っていくことに…。怖い!

 

スポンサードリンク


都市伝説、人間選別は恐ろしい!

なんとなくみんなやっているからと始めたFacebookや、便利だからと使っている人工知能がまさか人間選別につながっていたとは!

知らず知らずのうちに情報収集され、必要な人間であるか査定されているなんて恐ろしいですね。
このことに気づいた人から携帯と距離を置くことが大切だと言われているようです。

人間選別、ただの都市伝説であってほしいですが...。

 

《注目記事》

その雲、地震雲かも・・・

 

 

コメントを残す