【怖すぎる都市伝説2016】やりすぎでも話題になった東京マラソン開催の”真の理由”とは?

都市伝説が怖すぎる。2016
東京マラソン開催の本当の理由。

今や巷ではマラソンが流行っている。
フルマラソンや中にはユニークなマラソンイベントなどが、

あなたはご存じだろうか。
各地方で開催されているが、
東京マラソンにはある理由があったことを・・・

今回は、
「東京マラソン開催の本当の理由」
という都市伝説をご紹介します。

都市伝説 怖い 2016 東京 やりすぎ

 

 

 

 

スポンサードリンク


東京マラソン

東京マラソンは2007年に始まったマラソン大会である。
毎年2月に行われ、3万人ほどの参加者があり、
応募総数は年々増えており、人気のマラソン大会となっている。

種目も

・エリートランナー
・市民ランナー
・障がい者向け10kmロードレース
・ジュニア&ユース(16歳~満18歳まで)

と様々な方が参加できる。

しかし、東京マラソンは開催することすらも困難なものであった。
その東京マラソンが開催された理由が怖いと噂になっている。

この大会には国家機密が潜んでいたのだ。

 

東京マラソンは東京の大災害のための・・・!!?

東京マラソンは、東京で大災害が起きた時の
「人々の動きをシューミレートするため」
に開催されているというのだ。

どういうことなのか?

例えば、首都直下型巨大地震が起こった場合、
老若男女すべての人が一斉に避難することになる。

その際の移動時間などをマラソンランナーを用いて計測し、
新たな避難経路などを作成するために役立てているという。
データをとり、大災害に備えるために開催してる大会だというのだ。

 

 

 

 

どのようにデータをとっているのか?

大会参加者に「RCチップ」という
無線用ICチップが配られ、
マラソンランナー一人ひとりが身に着け参加してる。

ICチップはGPSと連動しているため、
参加者の通貨ルートやペースなどがすべてサンプルできる仕組みだ。

 

さらに、参加者が老若男女や障がい者(車いすランナーなど)である理由は、
ハンデキャップを背負った人の移動データをサンプルすることが目的とされている。

 

スポンサードリンク


 

また東京マラソンを走ったことがある方はご存じだろうと思うが、
ほかのマラソン大会と比べてコースが異常である。

世界各地の主要都市で開催されているマラソン大会。
例えば、
ベルリンマラソン」、「ロンドンマラソン
は周回コース。

ボストンマラソン」、「ニューヨークシティマラソン
は直線コースである。

しかし、「東京マラソン」は霞ヶ関を中心とした十字路のコース

わざわざこのような複雑なコースを走る理由も、
都市伝説の信ぴょう性を高めている。

スポンサードリンク


本当かどうか・・・
真相はどうなのでしょうか。

 

 

 

 

 

コメントを残す